搜狐首页 历史 欢乐颂2

手机搜狐

SOHU.COM

日本人文地理学会历史地理部第149回部会

日時:2017年9月2日(土)14:00~18:00

会場:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館第8講義室

京都市左京区吉田本町(www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/)

テ ー マ:歴史地理の卒論?修論発表会

研究発表:

(1) 近世後期の船乗りたちの認知距離の表現-上方~江戸間航路を例に-(近世后期船客对认知距离的表现——以上方地区和江户之间海路为例)?????松浦 翼(神戸大?卒)

(2) 明治?大正期における徴兵区変遷と衛戍地立地 (明治至大正时期征兵区变迁和卫戍地建立)?????井口琢人(神戸大?院)

(3) 明治~昭和戦前期における天理教信者の本部参詣明治至昭和早期天理教徒的本部参拜)?????松浦 誠(駒澤大?院)

コメント:(1) 塚本章宏(徳島大),(2) 三木理史(奈良大),(3) 麻生 将(立命館大)

司 会:米家泰作(京都大)

趣 旨:当部会では,一昨年から歴史地理学分野の卒論?修論発表の場を設けている。今回応募のあった松浦翼論文(神戸大卒論)は,海上の距離を近世の船乗りたちがどう認知していたのか,実距離との比較と難所との関わりから検討する。井口論文(徳島大修論)は,近代日本の陸軍衛戍地(駐屯地)とその管轄区域に着目し,軍隊の空間編成を都市と鉄道に留意しながら捉える。松浦誠論文(駒澤大修論)は,天理教の団体参詣の行程の変化に着目し,教団本部による管理や組織化の意味を問う。それぞれの論文に近い研究領域のコメンテータをお願いした。歴史地理学に関心ある若い方々と,研究の最前線の歴史地理学者とが交流することで,ともに世代を越えて刺激が得られることを期待したい。

連 絡 先:米家泰作(京都大)E-mail: komeie.taisaku.8s[at]kyoto-u.ac.jp [at]は@に置き換えてください。

精选