首页

动漫

岸本齐史令和新作:为了超越《火影忍者》我拼了命!

人気マンガ「NARUTO-ナルト-」の岸本斉史さんが原作を手がける新連載「サムライ8(エイト) 八丸伝(はちまるでん)」が、13日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)24号でスタートする。2014年11月に約15年におよんだ「NARUTO」の連載を終え、約4年半ぶりの新作となる。銀河を舞台に、SFと“侍”の要素を融合させた大河ロマンで、「NARUTO」で岸本さんのアシスタントを務めた大久保彰さんが作画を担当する。岸本さんは大久保さんについて「彼の絵に嫉妬した」「正直本当に負けた」といい、今回のタッグだからこそ「SFに挑戦できた」と話す。

人气漫画《火影忍者》作者岸本齐史构思的新作品《武士八丸传》将在13日发售的漫画杂志《周刊少年JUMP》(集英社)24号上开始连载。2014年11月,连载近15年的《火影忍者》完结,这部时隔4年半的新作品以银河为舞台,是一部将科幻与“武士”元素相融合的传奇故事,曾在《火影忍者》时期就担任岸本助手的大久保彰此次担当作画。岸本评价大久保的作画才能道“嫉妒他画出的画”、“讲真我甘拜下风”,认为正因为此次能够合作才敢“挑战科幻作品”。

◇「NARUTO」は「やりきったけど、まだ完璧じゃない」

◇《火影忍者》是“尽全力完成了,却并非完美”

「サムライ8 八丸伝」は、岸本さんにとって「NARUTO」以来、約4年半ぶりとなる新連載。生命維持装置なしでは生きられないほど超虚弱ながら侍に憧れる少年?八丸(はちまる)を主人公に、銀河を股にかけた大河ロマンが描かれる。

《武士八丸传》对岸本来说是《火影忍者》完结约4年半之后的新连载。这部作品的主人公是一位要靠生命维持装置延续生命、超级虚弱却怀揣武士梦的少年,作品将描绘少年走遍银河各地的传奇故事。

岸本さんが今回の新作の構想を始めたのは、14年11月に「NARUTO」の連載を終えてから約2年後だったという。それまでは、約15年におよんだ「NARUTO」の連載を終え、「疲れちゃっていて、マンガを描く気力がなくなっていた。マンガのことを考えたくない時期だった」といい、自身の子供との時間を過ごす日常だったという。

据说在14年11月《火影忍者》连载完结约2年后,岸本开始构思此次的新作品。在此之前,因为完成了连载长达近15年的《火影忍者》,岸本觉得“非常疲惫,完全提不起劲画漫画。那段时间不想考虑漫画相关的事情”,每天都和自己的孩子一起度过。

「連載が終わった時は、やりきったという思いがありました。でも、僕の中で『NARUTO』はやりきったけれど、まだ完璧な作品じゃないという思いも心の奥にあって、そこが引っかかるところでもあった。『NARUTO』を描き終わるぐらいの時にやっとマンガの描き方が自分なりに分かってきた。だから、次の作品がもしまたできるのであれば、その反省点を生かせたらなと考えていました」

“连载结束的时候,我有一种终于大功告成的感觉。但我心里有一点很在意,那就是《火影忍者》确实尽全力完成了,却并非完美。在快画完《火影忍者》的时候我终于明白了画漫画的方法。于是当时就想,若能有下一部作品,希望能够运用到这些反省。”

そして、「またマンガが描きたいという気持ち」が芽生えてきた時、構想として浮かんだのが、岸本さんがずっと描きたかったというSFと侍というテーマだった。そもそも、岸本さんが「NARUTO」連載前、最初に「週刊少年ジャンプ」に投稿したのが侍マンガだったという。「それが受からなかったので、今回はそのリベンジ的な意味合いもちょっとあります」と話す。

萌发“想再一次画漫画”的念头时,脑海中浮现出的构思就是岸本一直想要描绘的科幻与武士题材。说起来岸本在连载《火影忍者》之前,最早在《周刊少年JUMP》上投稿的就是武士漫画。他说:“因为当时的漫画没被接受,所以这回的作品也带点想要扳回一城的意思”。

◇「正直負けた」と思うほどの画力 原作者に徹した理由

◇“让我甘拜下风”的绘画功力 是决定不自己作画的理由 

「サムライ8 八丸伝」では、原作者である岸本さんがネームを手がけ、大久保さんが作画を担当する。アシスタント時の大久保さんの成長の早さに驚かされた岸本さんは、「NARUTO」連載時点で「連載が終わったら、いつになるか分からないけど組んでやろう」「自分がネームを描くから一緒にやらないか」と声をかけていたという。「絵が描きたくてマンガ家になった」といい、高い画力に定評がある岸本さんが原作に徹した理由は何だったのか。

《武士八丸传》中,岸本负责漫画分镜大纲,大久保担任作画。岸本吃惊于当年还是助手时大久保成长的速度,在连载《火影忍者》的时期,岸本就有提出“连载结束之后,有机会就合作吧!”,“我来画分镜大纲,一起干不?”。“因为想要画画所以成了漫画家”,因绘画功力高超颇受业界好评的岸本为什么会选择只负责分镜大纲?

「僕は絵を描くのがすごく好きなのですが、その思いが強すぎて……。『NARUTO』でも自分なりにこだわって描いたんですけど、週刊連載で僕の絵だと締め切りを確実に守れないということがデータ的に出たんです。また、今回作画をやってくれる大久保君が本当に絵がうまくて、彼の絵が世に出るのであれば、原作者になってもいいと思いました。『原作をやらせてください』という、それぐらい彼の絵に嫉妬したというか、結構悔しいというか、正直本当に負けたなと思ったんです」

“我非常喜欢绘画,这种执念过于强烈……。《火影忍者》时期我尽可能按自己的标准来画,但周刊连载过程中,发现按我自己的节奏画确实无法保证交稿期限。而这回担当作画的大久保绘画功力超群,如果能让他的画被大家看到,那我负责分镜大纲也可以。虽说我自己提出'请让我来负责故事分镜',但实质上是对他的绘画才能嫉妒了,非常不甘心,我真的是甘拜下风。”

岸本さんは大久保さんの絵の魅力を「温かみがある」と表現する。新作では、侍同士の斬り合いなど殺伐としたシーンも登場するが、少年誌での連載ではやはり「子供たちに読んでほしい」という思いが強いという。そんな中で、大久保さんは「どんな絵を描いても温かみがある。どんなシーンを描いても殺伐としない」と岸本さん。

岸本形容大久保绘画的魅力为“有人情味”。在新作品中有武士们互相厮杀的杀戮场景,但因为是在少年杂志上连载,还是“想让孩子们看”。而岸本认为大久保“所绘的所有画面都有人情味,任何场景都不会显得杀气腾腾。”

◇「リスクがある」作品への挑戦

◇挑战“有风险”的作品

「サムライ8 八丸伝」の第1話のネームを見ると、SFということもありメカニックや見慣れない用語が登場したりと情報量が多い。岸本さんはストーリーを作る上で「『NARUTO』の時とは違って難しい」と話す。

从《武士八丸传》第一话的分镜看,科幻的元素方面、机械方面有许多不为大众熟知的用语,信息量巨大。岸本在创作故事的时候感到“和《火影忍者》那时不同,压力很大”。

「SF的なものは、初見の人が見るとやはり『分からない』となってしまう。その世界観に入るまでに時間がかかるんです。SFを選んだ時点でそういう弊害が出てくるのは認識していました。僕は作品を『作る=伝える作業』と考えていますが、分かりにくいものは伝わらない。伝わらないものを描いている時点ですごいジレンマがありました」

“科幻作品肯定会让第一次看的人'云里雾里'。需要时间进入作品的世界观。选定科幻题材的时候,我已经做好出现这种弊端的心理准备了。我认为“创作一部作品=传递相应信息”,难以理解的东西就无法传达,而选择描绘难以传达的东西之时,我就已经进退两难,只能直面困难了。”

岸本さんは「この作品はすごくリスクがあります。僕が新人だったら、そもそもSFは選ばない」と話す。それでも挑戦をしたのは、「『NARUTO』の作者だったら無理してでもちょっとは我慢して読んでくれるかな」というこれまで積み上げた土台と、絶大な信頼を置く大久保さんの存在があった。また、作品を作る上で「世の中の流れを意識している」といい、「SF×侍」という世界観で「伝えたいものがある」と力を込める。

岸本说“创作这部作品十分冒险。如果我是个新人的话,绝对不会选择科幻题材”。即使如此岸本选择挑战,是因为他拥有长久积攒的人气与读者极大的信赖“因为是《火影忍者》作者的作品,(即使不喜欢科幻的内容)还是勉为其难看一下”。另外岸本在创造作品时,“会有意识地结合现在社会的形势”,“科幻&武士”的世界观中应该有他想要“传达的东西”。

30年兴衰成败,日剧恐怕“药丸”?/ 80%以上的日本语言学校都在赚黑心钱?!/ 从“观光立国”到“观光亡国”,日本人真的欢迎海外游客吗?/ 日本人眼中十大“30+心机做作女星”,石原里美竟然是第四?/ 优衣库又搞事?让中日网友都惊呼“钱你拿走”的全新系列到底有多强!/ 老外们眼中最难学的外语,第一名果然是…/ 这对“神仙眷侣”实在太甜了!北川景子&DAIGO的婚后生活是这样的

声明:该文观点仅代表作者本人,搜狐号系信息发布平台,搜狐仅提供信息存储空间服务。

网站地图

用户反馈 合作

Copyright © 2019 Sohu All Rights Reserved

搜狐公司 版权所有